スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年は蓄熱暖房器の工事が続きます 

今年は例年にないくらい全国で厳しい寒さが続いていますね。


オール電化の暖房器と言えばご存知『蓄熱暖房器』。
そんな蓄熱暖房器のご依頼も2月になると少なくなるのに
やはり寒さのせいか今年は例外です…。


そんな蓄熱暖房器の取付工事がありましたのでご紹介します



築5年ほどのオール電化住宅です。
00-before_20120228183048.jpg


玄関に面している吹き抜けもあり
 冬の厳しい寒さに大変お困りの様子で
  蓄熱暖房器に大変ご興味頂いておりました。

今回は一番大きい8.0kWを設置する事にしました。




床下には収納スペースがありましたが
 300kgに耐えられるようしっかりと補強します。
01-hokyo.jpg




幹線を分岐し蓄熱暖房器の開閉器を取り付けます。
02-denki_20120228184030.jpg




床下で本体側の電源と直結します。
03-denki_20120228184106.jpg




本体を設置してから、
 ひたすら蓄熱材であるレンガを積み込みます。
04-setti_20120228184121.jpg





完成です。
05-after_20120228184139.jpg
ユニデール / VUEi80J
    8.0kW ファン付マイコン内蔵タイプ


スッキリと設置する事が出来ました。



ここ最近の蓄熱暖房器のご依頼はネットからが本当に多いです。
ご依頼主様から感想を聞くとホームページやブログを見て
工事経験も豊富で信頼して任せられそう…との声を頂きます。

とあるハウスメーカーの営業さんからも問い合わせが多く
茨城で蓄熱暖房器を取り扱っている業者が少ないとの事で
引渡後のお宅に取り付けてほしいとご依頼頂く事も増えました。

ご提案から積算、施工までの一連を完全自社工事で
出来る体制のスタッフと経験が数多くのご依頼を
頂いている理由の一つなのかもしれません。



この度はご用命頂きありがとうございました


ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-tiku-12.htm






スポンサーサイト
[ 2012/02/29 21:10 ] オール電化 | TB(0) | CM(0)

蓄暖の暖かさはお日様のよう… 

例年に比べ暖かな日が続いておりましたが、
ここにきて西高東低の冬型の寒さが押し寄せてきてますね。

この度、そんな寒さ解消には最高であろう
蓄熱暖房器の取付工事がありましたのでご紹介します。


築2年ほどの真新しいオール電化住宅。
00-before_20111121204959.jpg
冬の厳しい寒さに大変お困りの様子で
  蓄熱暖房器に大変ご興味頂いておりました。

配線の太さの許容範囲内である
       7.0kWタイプを設置する事にしました。



床下補強工事は剛床工法で既に補強済みだったので
今回は必要ありませんでした。



電気工事から取り掛かります。
01-denki_20111121205005.jpg
エコキュートの開閉器が契約ブレーカの
 二次側にありましたので契約容量見直しの為、
        一次側分岐に変更する事にします



幹線を盛り替えエコキュートと蓄熱暖房器の
              開閉器を一次側にしました。
02-denki_20111121205012.jpg


分電盤のカバーを取り付けます。
03-denki_20111121205021.jpg


フタを閉めてすっきり収まりました。
04-denki_20111121205028.jpg


分電盤から天井裏→壁内を通し、
  蓄暖用の200vと制御用の100vとアース線
          設置場所まで配線し接続しました。
05-denki_20111121205049.jpg


本体を仮置きし200Vの電源を結線します。
06-denki_20111121205055.jpg


本体を設置してから、
 ひたすら蓄熱材であるレンガを積み込みます。
07-seko_20111121205111.jpg


レンガすべてを積み込みました。
08-seko_20111121205116.jpg


前面パネルを取り付け完成間近です。
09-after_20111121205129.jpg


本体の上に物を置けないので
    インテリアカウンターを設置しました。
10-after_20111121205434.jpg




完成です。
11-after_20111121205440.jpg
ユニデール / VUEi70J
    7.0kW ファン付マイコン内蔵タイプ


スッキリと設置する事が出来ました。



最近の蓄熱暖房器のお問い合わせはご新規の方が多いです。

オール電化の暖房は何がイイのかお客様自身インターネットや
人づてに調べていきつく先は蓄熱暖房器になるみたいです。

導入された方の100%近くが満足されている蓄熱暖房器。
24時間お日様のような暖かさで深夜電力を上手に使え
家計にも優しいクリーンな暖房器具の代名詞。

導入した方には大変ご満足頂いているおススメの暖房器具です



この度はご用命頂きありがとうございます



ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-tiku-11.htm






[ 2011/11/21 21:18 ] オール電化 | TB(0) | CM(0)

エコキュートは本当に省エネです。 

先日の猛暑の日に東京電力管内の余裕電力量が
かなり深刻な状態でしたが、皆さん節電しておりますか??


本気で節電に取り組まないとこの夏どうなるか分かりません…。
皆さんで協力し合う事で乗り切れるかもしれませんので、


後ちょっと…頑張ってみませんか




さてこの度、省エネ給湯器ナンバーワンである
エコキュート工事がありましたのでご紹介します。


お使いだったのは石油給湯器です。
00-before_20110627230707.jpg

長年使用の為、調子悪くなる事もしばしば…。
何回かの修理で延命出来ましたが、
   機器の寿命もとうに過ぎている事から、
     省エネのエコキュートを導入する事に…。





既設の石油給湯器を撤去しました。
01-kiso_20110627231126.jpg

掘削して配管工事を先行します。





200kgの鉄筋入りコンクリート基礎板を設置。
02-kiso_20110627231143.jpg





貯湯タンクを搬入しました。
03-hannyu_20110627231203.jpg






貯湯タンクへの配管もほぼ繋ぎ終えました。
04-haikan_20110627231229.jpg





通水テスト完了後、保温材を掛けます。
05-haikan_20110627231244.jpg





4方向の脚部化粧カバーも取り付けます。
06-haikan_20110627231300.jpg






既存の電力量計です。
07-denki_20110627231315.jpg

幹線は3SV14です。





屋外用の防水箱を取り付け、幹線を分岐し、
   エコキュート用の開閉器を取り付けます。
08-denki_20110627231334.jpg

オール電化用のメーターに取り替え完了です。






リモコンを取り付けて試運転。
09-rimokon.jpg 10-rimokon.jpg







完成写真です。
11-after_20110627231449.jpg

370L エコキュート フルオートタイプ
Panasonic / HE-AK37DQS

反対側から見たところです。
12-after_20110627231508.jpg





壁面に同梱の耐震固定金具にて固定します。
13-after_20110627231528.jpg




震災の影響でオール電化が敬遠されていましたが、
色々な情報が飛び交う中、本当に省エネなものが
何なのかはお客様自身おのずと理解してくれます。

大気中の空気の力でお湯を作るエコキュートは
ただの電気給湯機ではなく、自然界に無限に広がる
空気を取り入れ、ほんのちょっと電気の力を加えるだけで、
お湯を作る事が出来る画期的な給湯器です



この度はご用命頂きありがとうございます



ホームページでも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-eco-44.htm








[ 2011/06/27 23:23 ] オール電化 | TB(0) | CM(2)

火の無いエコキュートの安心感 

お天気な日が続いてるのはイイ事ですが、
気になる乾燥注意報も続いています。
皆さん火元にはお気をつけてお過ごしくださいね。



さてそんな乾燥が気になるこの時期に石油ボイラーから
エコキュートに取り替える工事がありましたのでご紹介します。



さすがに乾燥してる時期に灯油を扱うのは怖いそうで、
安全なエコキュートには前々から興味がありました




お使いだった石油給湯器です。
00-before_20110126165050.jpg
自動給湯が付いてない給湯専用タイプでした。

どうせならと酸素入浴機能付きフルオートタイプ
37OLエコキュートを取り付ける事となりました。








既設の石油給湯器とタンクを撤去し、
掘削後、先行配管をして砕石を敷きつめました。
01-kiso_20110126165131.jpg








200kgの鉄筋入りコンクリート基礎板を設置。
02-kiso_20110126165224.jpg








貯湯タンクを搬入しました。
03-hannyu_20110126165250.jpg








搬入後、配管工事から進めます。
04-haikan_20110126165315.jpg








浴槽を開口し酸素入浴機能付き用の
ふろ接続アダプター
を取り付けました。
06-haikan_20110126165401.jpg








貯湯タンクへの配管もほぼ繋ぎ終えました。
07-haikan_20110126165427.jpg








通水テスト完了後、保温材を掛けます。
08-haikan_20110126165459.jpg








4方向の脚部化粧カバーも取り付けます。
09-haikan_20110126165522.jpg








電気工事も同時進行です。
既存の電力量計(メーター)廻りです。
10-denki_20110126165546.jpg
幹線はSV14×3芯です。








屋外用の分電盤を取り付け、幹線を分岐させ、
エコキュート用の開閉器を取り付けます。
12-denki_20110126165608.jpg
オール電化用のメーターに取り替え完了です。








新しい台所リモコンです。
14-rimokon_20110126165714.jpg








今まで給湯専用タイプだったので
浴室リモコンがありませんでした。
16-rimokon_20110126165732.jpg
新規に配線しリモコンを取り付け、
周りをしっかりとコーキングします。








分かりづらいですが、循環金具から
毎分2L、酸素濃度30%の空気を浴槽に供給します
20-siunten.jpg
湯冷めしにくくなるのはもちろん、
         見た目も一目瞭然にGoodです。








完成写真です。
21-after_20110126165838.jpg

370L エコキュート
 酸素入浴機能付き フルオート

Panasonic / HE-K37CXS





サウナ好きのご主人がサウナも良いけど、
酸素入浴は一度使ったらやめられないと言うくらい、
入浴時には毎回使っているそうです。

冷え症の女性にはもちろん、血行の悪い方や
お年寄りにも大変喜ばれています。

湯上り後のポカポカ感は今までの通常の
入浴では絶対感じられないそうです。
パナソニック独自の機能である酸素入浴は
寒いこの時期にこそ大変重宝される機能です。

また火の無いエコキュートの安心感は
他の何にも替えられないそうです。



この度はご用命頂きありがとうございました



ホームページでも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-eco-43.htm













[ 2011/01/26 22:01 ] オール電化 | TB(0) | CM(0)

一番大きい蓄熱暖房器 

今宵はクリスマスイブ、素敵な聖夜をお過ごしですか?
イブが過ぎると今年も残すところあと1週間。
体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください。


さて今年は例年にないくらい蓄熱暖房器のご注文を頂き、
先日も取り付けさせて頂きましたのでご紹介します。




こちらのお宅は置き場所に悩んでおりましたが、
 超高気密なので廊下に取り付ける事にしました。
00-before_20101224212745.jpg

取り付ける場所は廊下にある収納を
       改装して取り付ける事にしました。

玄関と階段に面している場所なので、
 どれくらいの暖かさになるか心配しておりました。




引き戸を取り外して設置スペースを確保します。
01-tategu-1.jpg


中段に敷居を新設して補強をかけます。
02-tategu-1.jpg
床にはフローリングを張り壁には耐熱ボードを張りました



続いて電気工事と床下補強です。
今までもエコキュートとIHクッキングヒーターを
お使いのオール電化住宅でした。
05-denki_20101224212948.jpg
蓄熱暖房器増設の為、
メーター廻りの幹線を張り替えます



屋外分電盤を取り付け、幹線を一次分岐して
蓄熱暖房器用の60Aの漏電ブレーカを設置。
06-denki_20101224213049.jpg



屋外分電盤からの配線は床下を通します。
08-hokyo.jpg
同時に床下の補強も施します。
重量は300kgを超えるので必ず必要となります。


分電盤から蓄暖用の200vの配線と
制御用の100vの配線とアース線を通線します。
07-denki_20101224213137.jpg


本体を設置してから、
ひたすら蓄熱材であるレンガを積み込みます。
09-setti_20101224213202.jpg


同梱の転倒防止ビスで下地に固定します。
10-setti_20101224213549.jpg








完成です。
12-after_20101224213311.jpg
ユニデール / VUEi80J
    8.0kW ファン付マイコン内蔵タイプ


スッキリと設置する事が出来ました。
既存の引き戸を加工して取り付けたので
廻りの建具や扉に合い違和感がありません。
11-after_20101224213332.jpg


気になる室温は玄関から脱衣所、
2階までもがすべて22℃の適温となりました。

玄関入ってすぐの場所なので
来客の方も暖かさが実感できます。

当初、超高気密住宅であるがため、
暖房には困っておりませんでした。

絶対設置したら満足しますよとお勧めしたところ、
設置後は大・大・大満足だったらしく、
握手してまで大変喜ばれておりました。

フローリングを裸足で歩ける感覚は
導入した方でないと分からないかも知れませんね



この度はご用命頂きありがとうございました


ホームページでも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-tiku-9.htm






[ 2010/12/24 21:46 ] オール電化 | TB(0) | CM(0)
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。