スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

寒い冬には蓄暖が一番 

夏が暑かった分、平年並みの陽気でも寒さが堪える時期ですね。
皆さん体調管理には十分にお気を付け下さいね。

さて、オール電化の暖房器として注目の“電気蓄熱暖房器”。
今年は例年にないくらいのご注文を頂いており有り難い限りです。

お待ち頂いているお客様には大変申し訳ございませんが、
順番にお取付の準備をしていますので、今しばらくお待ち下さい。


そんな蓄熱暖房器の取付工事がありましたのでご紹介します。


今回のお客様は初めてのお取り引きでホームページを見て
施工実績の充実度や信頼性を感じて頂き、ご用命頂きました


こちらの場所に取り付けます。
00-before_20101115205442.jpg

実はこちら、新築されて半年の真新しいお宅で
新築時に初めての冬までには蓄熱暖房器の導入を考えていたらしく、
建築時に床下補強と蓄暖用の配線を通す空配管が施工済みでした。


こちらが既存のオール電化対応の分電盤です。
01-denki.jpg


蓄暖用の配線を通し、漏電ブレーカを取り外しました。
02-denki_20101115210313.jpg


幹線(メーターからの線)がCV14�²で許容電流が91Aなので
60Aの漏電ブレーカーを50Aに取り替えます。

CV14�²の許容電流 91A

60A(漏電ブレーカ)× 0.7(重畳率)= 42A

42A+17A(エコキュート)+35A(蓄熱暖房器)=94A


と言う事なのでNG…。漏電ブレーカを50Aにする事でOKになります。
重畳率を加味し内線規定にそって施工します。



蓄熱暖房器用の開閉器にはパナソニック電工製の
50Aのコンパクト漏電ブレーカを設置しました。
03-denki_20101115210906.jpg


分電盤内でスッキリとおさめる事が出来ました。
04-denki_20101115211041.jpg


分電盤から蓄暖用の200vの配線と
制御用の100vの配線とアース線を通線し接続します。
05-denki_20101115211106.jpg


配線の繋ぎ部分はボックス内で納めます。
06-denki_20101115211128.jpg



本体の仮設置です。
07-seko.jpg


ひたすら蓄熱材であるレンガを詰め込みます。
その数42個で重量は300kg近くになります。
08-seko.jpg



同梱の転倒防止ビスで下地の柱に固定します。
09-seko.jpg


反対側も転倒防止ビスでしっかりと固定します。
10-seko.jpg



完成です。
11-after_20101115211332.jpg

ユニデール / VUEi70J
    7.0kW ファン付マイコン内蔵タイプ


スッキリと設置する事が出来ました。


蓄熱暖房器は設置した日には暖かさを実感する事は出来ず、
お客様が暖かさに喜ぶ姿が見えないのが悩みでした。

今回は翌日にお伺いする事も出来なかったのですが、
あまりの快適さにお客さまからお電話を頂き大変喜ばれてました



この度はご用命頂きありがとうございました



ホームページでも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-tiku-8.htm




スポンサーサイト
[ 2010/11/15 21:35 ] オール電化 | TB(0) | CM(0)
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。