スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

年始休暇のお知らせ 

誠に勝手ながら年始休暇を
以下の日程で実施させていただきます。


         記
2011年1月1日(土)
       ~2011年1月5日(水)



1月6日(木)より通常営業いたします

休暇中のお問い合わせにつきましても
1月6日(木)より順次対応させていただきます。



お急ぎ、お困りの際には携帯電話、
e-mailにて連絡くださいませ。
お正月も対応させて頂きます。

ご迷惑をお掛けしますが、
ご了承の程何卒宜しくお願い申し上げます。

良いお年をお迎え下さい。




スポンサーサイト
[ 2010/12/31 15:21 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

一番大きい蓄熱暖房器 

今宵はクリスマスイブ、素敵な聖夜をお過ごしですか?
イブが過ぎると今年も残すところあと1週間。
体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください。


さて今年は例年にないくらい蓄熱暖房器のご注文を頂き、
先日も取り付けさせて頂きましたのでご紹介します。




こちらのお宅は置き場所に悩んでおりましたが、
 超高気密なので廊下に取り付ける事にしました。
00-before_20101224212745.jpg

取り付ける場所は廊下にある収納を
       改装して取り付ける事にしました。

玄関と階段に面している場所なので、
 どれくらいの暖かさになるか心配しておりました。




引き戸を取り外して設置スペースを確保します。
01-tategu-1.jpg


中段に敷居を新設して補強をかけます。
02-tategu-1.jpg
床にはフローリングを張り壁には耐熱ボードを張りました



続いて電気工事と床下補強です。
今までもエコキュートとIHクッキングヒーターを
お使いのオール電化住宅でした。
05-denki_20101224212948.jpg
蓄熱暖房器増設の為、
メーター廻りの幹線を張り替えます



屋外分電盤を取り付け、幹線を一次分岐して
蓄熱暖房器用の60Aの漏電ブレーカを設置。
06-denki_20101224213049.jpg



屋外分電盤からの配線は床下を通します。
08-hokyo.jpg
同時に床下の補強も施します。
重量は300kgを超えるので必ず必要となります。


分電盤から蓄暖用の200vの配線と
制御用の100vの配線とアース線を通線します。
07-denki_20101224213137.jpg


本体を設置してから、
ひたすら蓄熱材であるレンガを積み込みます。
09-setti_20101224213202.jpg


同梱の転倒防止ビスで下地に固定します。
10-setti_20101224213549.jpg








完成です。
12-after_20101224213311.jpg
ユニデール / VUEi80J
    8.0kW ファン付マイコン内蔵タイプ


スッキリと設置する事が出来ました。
既存の引き戸を加工して取り付けたので
廻りの建具や扉に合い違和感がありません。
11-after_20101224213332.jpg


気になる室温は玄関から脱衣所、
2階までもがすべて22℃の適温となりました。

玄関入ってすぐの場所なので
来客の方も暖かさが実感できます。

当初、超高気密住宅であるがため、
暖房には困っておりませんでした。

絶対設置したら満足しますよとお勧めしたところ、
設置後は大・大・大満足だったらしく、
握手してまで大変喜ばれておりました。

フローリングを裸足で歩ける感覚は
導入した方でないと分からないかも知れませんね



この度はご用命頂きありがとうございました


ホームページでも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-tiku-9.htm






[ 2010/12/24 21:46 ] オール電化 | TB(0) | CM(0)

使いやすいお風呂に変身 

朝晩どころか日中まで寒くなってきました今日この頃。
冬将軍到来のこの時期、皆さんいかがお過ごしですか??

ハギヤ電器も皆様のおかげで年越しの兆しが見えてきました。
残すところ今年も10日ちょっとですね。
お体にはお気をつけて年の瀬をお過ごしくださいね。




さて、この度タイルのお風呂からユニットバスへの
リフォーム工事がありましたのでご紹介します。

築14年の1.25坪の在来工法のお風呂です。
00-before_20101217211801.jpg

当時はユニットバスが主流だったのですが、
タイルを使った在来のお風呂を選定してました。

以前とは生活環境が変わり、
ちょっとした段差にも困っておりました。


リフォームをする一番の理由は、
給水給湯管の腐食によりタイルを
壊さなければ直せない事から始まりました。

どうせなら使い勝手がよく保温性が高い、
  ユニットバスにリフォームする事にしました。




解体撤去工事のスタートです。


タイルを壊すとベタ基礎の上に砂が詰まっており、
給水給湯管の腐食により水が溜まってました。
02-kaitai_20101217211919.jpg



窓の位置を変更しました。
04-kaitai_20101217212017.jpg




生コンを打設し土間を嵩上げします。
06-haikan_20101217212332.jpg
給水給湯排水管を所定の位置に配管します。



ユニットバスの組み立て中です。
07-kumitate_20101217212532.jpg







組立後の完成写真です。
08-after-2.jpg
3つの心地よさ(浴槽、お掃除、使いやすさ)を
            兼ね備えたバスルームです

Panasonic / ココチーノ L-class(1621)

浴槽の位置を変更した為、広く感じます。




パナソニック独自のナナメ浴槽です。
13-yokusou.jpg
真空断熱保温浴槽は6時間経っても
湯温の低下がたったの2℃なんです

いつでも暖かい入浴が可能です。



パナソニック独自のゲンキ浴シャワーです。
10-genki.jpg
座ったままでもシャワーを浴びる事が出来て、
カウンターの代わりにもなる優れものです

浴槽に入らなくても体を温める事が出来ます。



3つのLEDダウンライトに
標準仕様のナノイー暖房換気乾燥機。
11-tenzyo.jpg
暖房機能はもちろん、パナソニック独自の
ナノイー機能により浴室内の浮遊カビを抑制

暖房換気乾燥機はボタンひとつで浴室を自動乾燥してくれます。



脱衣所の内装工事も終わりました。
14-datuizyo.jpg
白い壁に黒い枠材で引き締まりました。





以前こちらのお客様宅でエアコンの取付工事中に、
水を使っていないのにポンプが動くのが気になっていました。

聞いてみると、以前から気になっていたそうで
原因を追及して見る事にしました。

数日の調査後、床下に3センチくらいの浸みを発見しました。
場所は浴室の近くの基礎部分からでしたがたが、
思い切って外壁を剥がして、初めて漏水だと分かりました。

建築時の写真を何百枚と見て検証し、配管ルートを確認し、
浴室の洗い場の下で銅管と鋼管が繋いである場所を発見し、
そこが漏水個所である事を推定しました。

ベタ基礎なので漏水しても水はけが出来なく、
タイルの下なので酷くなる前にと着工と至りました。

はじめは些細な気付きでしたが、大掛かりになる前に
原因が分かったのでお客様は大変ご安心しておりました。
また使いやすくなったお風呂になったと大変喜ばれてました。

お客様のちょっとした異変を気付いてあげる事は
私どもの大きな使命だなと実感しました




この度はご用命頂きありがとうございました




ホームページでも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-sb-6.htm







[ 2010/12/17 22:04 ] リフォーム | TB(0) | CM(0)
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。