スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽光のお仕事が続きます。 

太陽光発電システムのご依頼が続いてます。

例年では考えられないペースでのお問い合わせや
こちらからの問いかけにも敏感な方が増えています。

メディアでも取り上げられてる回数が増えているのと
脱・原発の意識が高くなったのかもしれません。

限りないエネルギーである太陽のエネルギーを
皆さんが改めて目を向け始めたのでしょう





そんな太陽光発電の工事がありましたのでご紹介します。


太陽が出てる日中はほとんど不在がちで
    以前から太陽光発電に興味がありました。
01-before_20110823230053.jpg
築30年近いお宅ですが、以前当社で
 構造リフォームと葺き替えをしましたので
   太陽光の設置基準を満たしておりました。

無限にある太陽のエネルギーを電力にする事は
    次世代にとても必要な事かもしれません。





屋根工事編がスタートです。


割付の墨出しから始まります。
02-yane.jpg


金属屋根用の板金金具を取り付けます。
04-yane.jpg


必要箇所にシーリングを塗布します。
05-yane.jpg 06-yane.jpg
最後に板金カバーをすき間が無いように取り付けます。


すべての板金金具が取り付けられました。
03-yane.jpg


レベルを取りながらフレームを設置します。
07-yane.jpg


15枚の太陽電池モジュールが設置されました。
08-yane.jpg
ハギヤ電器では上段、下段とも
     化粧カバーを標準で取り付けます


Panasonicロゴプレートを取り付けたら、
          屋根上での作業は完了です。
P1120010.jpg





並行して電気工事も進めます。


屋側用接続箱を取り付けます。
09-denki_20110823230817.jpg
太陽電池モジュールからの配線は
       まずはこの接続箱に集約されます。

モジュールは5直列3系統の15枚なので、
      3系統分の配線が集約されています。



各系統ごとに電圧を確認しながら結線し
       接続箱のフタを閉めて完成です。
10-denki_20110823231050.jpg 11-denki_20110823231110.jpg


パワコンの取付板を設置します。
12-denki_20110823231133.jpg

接続箱からパワコンに配線され、
  パワコンを経由して分電盤にも配線されます。


パワコン接続部に結線しました。
13-denki_20110823231234.jpg 14-denki_20110823231256.jpg
4.0kWのパワーコンディショナーです。

直流の電気を交流に変換させ、
      分電盤にて電力会社と連系します。



既存の分電盤です。
15-denki_20110823231427.jpg


フリースペースに太陽光発電用の
        連系ブレーカ
を取り付けました。
16-denki_20110823231441.jpg
パワコンからの配線を連系ブレーカに接続。

左には電力検出ユニットを取り付けました。



分電盤のフタを閉めて完成です。
17-denki_20110823231521.jpg



ワイヤレスカラーモニターです。
18-denki_20110823231543.jpg
色別で発電量、消費量が一目で分かります。



既存の電力量計です。
19-denki_20110823231809.jpg
太陽光発電システムを設置すると
  メーターが買電用と売電用の二つとなります。


既存の電力量計を一時撤去し配線盛り替え中…。
20-denki.jpg


売電用の電力量計を取り付けました。
21-denki_20110823231847.jpg




完成写真です。
22-after_20110823231905.jpg

Panasonic HIT230シリーズ

公称最大出力 : 3.45kW (230W×15枚)
方位 : 南東    勾配 : 2寸
工法 : 屋根置きタイプ(架台設置型)
取り付け金具 : 板金金具方式
年間発電予測 : 3,595KWh/年


P1120018.jpg
電力会社との連系完了後、発電開始しました。

こちらのお宅は既にオール電化だったので
       太陽光発電との相性は抜群です。

昼の電気はほぼ太陽光発電で賄えるので
 考えられる最高の節電、省エネとなります。


この日は曇りでしたが十分に発電してました。
P1120283.jpg

消費量より発電量の方が多い時など、
 余剰電力は電力会社に買い取ってもらえます。

不在がちなお宅ならほとんどの電気を
      太陽光で賄えると言う事になりますね。



当初こちらのお宅は外壁&屋根の塗装のご依頼からでした。

店頭で当店の太陽光発電の事例写真を見て大変興味を持たれ、
現場調査時にどれくらいのシステムが設置可能かと聞かれ
その場で採寸して即時積算をしてあげたところご成約頂きました。

日中不在がちなお客様の生活環境に太陽光発電はピッタリで
今後の光熱費がどれくらいになるか楽しみにしておりました



この度はご用命頂きありがとうございました

ホームページでも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-pv-2.htm





スポンサーサイト
[ 2011/08/24 00:07 ] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。