スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

30枚の太陽電池でeco生活 

この度230Wの太陽電池モジュール30枚を
取り付ける工事がありましたのでご紹介します。


数年前にも一度考えた太陽光発電システム。

当時は普及率は微々たるもので大きなメリットが
感じ取れなかった為、見送っていました…。

築12年の寄棟2階建のお宅です。
00-before_20111019135841.jpg

以前から太陽光には興味があり、
 市場の流れと売電価格下落を予想し、
  太陽光発電を導入する事になりました。

最大に設置出来る枚数は46枚でしたが、
 現実的な30枚を3面に設置する事になりました。





モジュール30枚、パワコン、接続箱、
 フレーム、ケーブル、他部材が搬入されました。
01-buzai_20111019135858.jpg



屋根工事編がスタートです。



割付の墨出しから始まります。
02-yane_20111019135919.jpg




加工する瓦を取り外します。
03-yane_20111019135943.jpg
加工する瓦は54枚にもなるので
  外した瓦の置き場所や安全性を考慮し、
        地上作業を心掛けています。




所定の場所にアンカー金具を取り付けます。
04-yane_20111019140007.jpg
基本は野地板固定ですが、必ずベース部が
    垂木上部になるように配置しております。




全部で54か所取り付けました。
05-yane_20111019140025.jpg
アンカー金具にバックアップ材を差し込み、
             シーリングを塗布します。




加工した瓦にプライマーを塗布し戻します。
06-yane_20111019140155.jpg
シーリングを塗布し、キャップを取り付けます。





アンカー金具が取り付けられた箇所から
   レベルを取りながらフレームを設置します。
07-yane_20111019140223.jpg





太陽電池モジュールを取り付けます。
モジュールは設置が始まれば早いものです。
08-yane_20111019140255.jpg
2階、南東面10枚です。




09-yane.jpg
2階、南西面6枚です。




10-yane.jpg
1階、南西面14枚です。

合計30枚のモジュールが設置できました




化粧カバーも取り付けられました。
11-yane.jpg
Panasonicロゴプレートを取り付けたら、
          屋根上での作業は完了です。




Panasonicロゴプレートは1階にも取り付けます。
11-yane-2JPG.jpg




電気工事も同時進行です。

屋側用接続箱を取り付けます。
12-denki_20111019140955.jpg
太陽電池モジュールからの配線は
       まずはこの接続箱に集約されます。




モジュールは5直列6系統の30枚なので、
             接続箱は2台になります。
13-denki_20111019141039.jpg
各系統ごとに電圧を確認しながら結線します。




接続箱廻りはフタを閉めて完成です。
14-denki_20111019141107.jpg
こちらの家は隠蔽配線が厳しかったので
 極力見た目を重視した露出配管となりました。




既存の分電盤です。
15-denki_20111019141126.jpg




4.0kWのパワコン2台を取り付け、
  天井を開口し、接続箱からの配線を通します。
16-denki_20111019141145.jpg
6.90kWシステムはパワコンは2台です




オール電化+太陽光発電システム対応の
   連系ブレーカ内蔵分電盤
に取り替えました。
17-denki_20111019141215.jpg




分電盤、4.0kWパワーコンディショナー2台、
    電力検出ユニット
を取り付け完成です。
18-denki_20111019141229.jpg
天井の開口部には換気扇を取り付けました。




既存の電力量計です。
19-denki_20111019141247.jpg
以前施工させて頂いた蓄熱暖房器用の
        開閉器がある防水箱がありました。




深夜の使用している電力も計測するため、
 屋外で分岐してある配線も分電盤まで戻します。
20-denki_20111019141309.jpg
新しい電力量計を取り付け配線を盛り替えます。




余剰電力量計を取り付けました。
21-denki_20111019141332.jpg
太陽光発電システムを設置すると
  メーターが買電用と売電用の二つとなります。




ワイヤレスカラーモニターです。
22-denki_20111019141347.jpg
色別で発電量、消費量が一目で分かります。






完成写真です。
23-after_20111019141407.jpg

24-after_20111019141458.jpg 25-after_20111019141511.jpg
南側の屋根3面に壮大なスケールです。

Panasonic HIT230シリーズ

公称最大出力 : 6.90kW (230W×30枚)
方位 : 2F南東、2F南西、1F南西
勾配 : 5寸
工法 : 屋根置きタイプ(架台設置型)
取り付け金具 : アンカー金具
年間発電予測 : 7,334KWh/年


電力会社との連系完了後、発電開始しました。

こちらのお宅は既にオール電化だったので
       太陽光発電との相性は抜群です。

昼の電気はほぼ太陽光発電で賄えるので
 考えられる最高の節電、省エネとなります。


パワコン側面には系統ごとの
       割付図を分かるようにしました。
26-after_20111019141549.jpg label01.jpg

こちらも同様です。
27-after_20111019141634.jpg label02.jpg

消費量より発電量の方が多い時など、
 余った電気は東電に買い取ってもらえます。
28-after_20111019141710.jpg
ほぼ昼間の電気は自宅の太陽光で賄えます。



こちらのお客様は3世代同居の6人家族です。
ひと月の電気代の平均は25,000円ほどでした。

家族が多い=部屋数が多いと
使ってない無駄な電気も多く考えられます。

いかに太陽光発電で昼間の電気を賄えるかを
ご理解いただけ導入と言う形になりました。

太陽光発電は余剰電力がどれだけ売れるかに
着目している方も多いですが、
その本質はいかに自宅の電気を自宅の太陽光発電で
賄えられるか…だと思います。

モニターでいかに無駄な電気を使っていたかも
一目で分かるようになったし、
原発の影響で一人一人が出来る事を
再確認できたと喜んでおられました。

今後は地球にも、家計にも優しい
エコな生活が送れること間違いないですね


この度はご用命頂きありがとうございました


ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-pv-3.htm





スポンサーサイト
[ 2011/10/19 14:57 ] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。