スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

入母屋の屋根に20枚の太陽光発電 

このたび20枚の太陽電池モジュールを取り付ける
4.60kWの太陽光発電システム工事がありましたのでご紹介します。


築20年の立派な入母屋2階建のお宅です。
00-before_20111228174919.jpg
太陽光発電には以前から興味があり
 HIT230シリーズの発電量・効率が良い事から
   20枚の太陽電池を導入する事になりました。

太陽光に最適な南向き5寸勾配の屋根
        十分な発電量が見込めそうでした。




それでは工事の状況を詳しくご案内します。

まずは屋根工事です。

加工する瓦を取り外します。
01-yane.jpg
加工する瓦は40枚にもなるので
  外した瓦の置き場所や安全性を考慮し、
               地上にて作業します。


地上にて瓦を開口しました。
02-yane_20111228175919.jpg



防水シートを貼りつけた補強板を設置します。
03-yane_20111228180103.jpg
補強板はメーカー指定部材である
  ステンレスビスで垂木にしっかり固定します



補強板にアンカー金具を取り付けます。
04-yane_20111228180126.jpg
基本は補強板に固定しますが、
  ベース部が垂木に掛かるように配置します

全部で40か所取り付けました。



メーカー標準工事ではありませんが
     アンカー左右、上部、ビスの頭は
        防水の為シーリングを塗布します

05-yane_20111228180144.jpg



アンカー金具にバックアップ材を差し込み、
     加工した瓦を戻しシーリングを塗布し、
              キャップを取り付けます。
06-yane_20111228180203.jpg



アンカー金具が取り付けられた箇所から
   レベルを取りながらフレームを設置します。
07-yane_20111228180239.jpg




すべてのフレームが取り付けられました。
08-yane_20111228180256.jpg




続きまして太陽電池モジュールを
       荷揚機にて屋根上まで運びます。
09-yane_20111228180314.jpg



太陽電池モジュールを取り付けはじめます。
  モジュールは設置が始まれば早いものです。
10-yane_20111228180524.jpg



20枚すべてモジュールが取り付けられました。
11-yane_20111228180546.jpg
2階、南面20枚です。




化粧カバーも取り付けられました。
12-yane.jpg
Panasonicロゴプレートを取り付けたら、
          屋根上での作業は完了です。



同時に電気工事も進めます。

屋側用接続箱を取り付けます。
13-denki_20111228180849.jpg
太陽電池モジュールからの配線は
       まずはこの接続箱に集約されます

モジュールは5直列4系統の20枚です。
  各系統ごとに電圧を確認しながら結線します。




オール電化+太陽光発電システム対応の
   連系ブレーカ内蔵分電盤に取り替えました

14-denki_20111228180919.jpg
分電盤の隣には電力検出ユニットも取り付けます。




5.5kWのパワコンを取り付け完成です。
15-denki_20111228181217.jpg




既存の電力量計です。
16-denki_20111228181231.jpg
今までは従量電灯B契約でしたが
  エコキュートも同時に導入するので
     季節別時間帯別電灯契約になります




新しい電力量計を取り付け配線を盛り替えます。
17-denki_20111228181252.jpg



オール電化用のメーターに取り替え、
       余剰電力量計を取り付けました

18-denki_20111228181312.jpg
太陽光発電システムを設置すると
  メーターが買電用と売電用の二つとなります。
この後カバーを取り付け完成です



同時に着工中のエコキュートです。
19-denki_20111228181333.jpg
460L エコキュート フルオートタイプ
Panasonic / HE-AK46EQS



東京電力の連系調査を受け
     太陽光発電システムが始動します

20-denki_20111228181400.jpg






完成です。
南面の入母屋屋根に壮大なスケールです。
21-after_20111228181421.jpg

22-after_20111228181509.jpg

23-after_20111228181554.jpg

Panasonic HIT230シリーズ

公称最大出力 : 4.60kW (230W×20枚)
方位 : 南
勾配 : 5寸
工法 : 屋根置きタイプ(架台設置型)
取り付け金具 : アンカー金具
年間発電予測 : 5,123KWh/年


東京電力の連系調査後、発電開始しました。

同時にエコキュートを導入したので
オール電化となり太陽光との相性は抜群です。

昼の電気はほぼ太陽光発電で賄えるので
 考えられる最高の節電、省エネとなります。


ワイヤレスモニターでは発電量や使用量、
     余って売れた電力量を確認できます。
24-after_20111228181619.jpg

使用量より発電量の方が多い時など、
 余った電気は東電に買い取ってもらえます。

ほぼ昼間の電気は自宅の太陽光で賄えます。



こちらのお宅のご子息は太陽光発電の仕組みや
余剰電力量購入制度やこれからの太陽光発電市場を
とても詳しく知っておりご理解されておりました。

親御さんは太陽光発電システムを導入前、
決して理解度が高いと言うわけではありませんでしたが、
導入後の理解度が素晴らしく高まっておりました。

ワイヤレスモニターでは使用量や発電量が
詳細に確認できますがランプの点滅の色ででも
どういう状態かをも手軽に確認できます。

オール電化は昼の電気代が割高な為、
太陽光発電と非常に相性が良く、
日中の電気は太陽光発電で賄えます。

そんな分かっていそうで分からなかった事を
ご理解され電気の使用時間を工夫するようになりました。

使い方次第では主婦目線からでも最高の省エネを
実現できるのが太陽光発電システムですね



この度はご用命頂きありがとうございます

ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-pv-4.htm





スポンサーサイト
[ 2011/12/28 18:54 ] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。