スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

5.75kW太陽光発電システム工事 

日本の太陽光発電システムは余剰電力買取制度と言う
仕組みなのはご存じの方も多いかと思います。

我々のような業界の人間なら知ってて当たり前の事ですが
一般の方の多くには浸透していないのが現実です。

そんな太陽光の疑問や初歩的な事などを毎月お配りしている
ニュースレターで発信していますが、興味を持ち話を聞きに来ると
言う方が後を絶たず、まだまだ認知が低い太陽光発電システム。

今回ご紹介するお宅もまずは分からない事を聞きに来て
色々ご説明させて頂きご依頼頂きました。




2階建て築16年の3世代がお住まいのお宅です。

太陽光発電とオール電化に興味があり
 パナソニックHITが発電量・効率が良い事から
   25枚の太陽電池を導入する事になりました。

今までは太陽熱温水器をお使いでしたが、
  この度はエコキュートを導入する事にしました。

00-before_20120326225754.jpg





お使いだった太陽熱温水器を撤去しました。
01-toso-before.jpg
10年以上経った屋根もだいぶ痛んでいたので
 太陽光発電を設置する前に屋根の塗装もします。




塗装してキレイになった屋根です。
02-toso-after.jpg



塗装後3日ほどの養生期間を経て、
 太陽光発電システム工事のスタートです。
03-sumidasi.jpg
墨出しから始まりスレート金具や
      フレームの取付場所を確認します。




所定の位置にスレート金具を取り付けました。
04-suretokanagu.jpg



2面設置なので西側にも取り付けます。
05-suretokanagu.jpg



フレームを設置しレベルをとります。
06-flame.jpg



割付図通りにモジュールを設置していきます。
07-panel.jpg



南南東15枚、西南西10枚の2面に25枚の
  太陽電池モジュールが取り付けられました。

10-panel.jpg




屋側用接続箱を取り付けます。
11-setuzokubako.jpg

太陽電池モジュールからの配線は
       まずはこの接続箱に集約されます。

モジュールは5直列5系統の25枚です。
  各系統ごとに電圧を確認しながら結線します。



オール電化+太陽光発電システム対応の
    連系ブレーカ内蔵分電盤に取り替えます

12-bundenban.jpg



5.5kWのパワコンを取り付け完成です。
13-pawakon_20120326230307.jpg




スッキリボックスに電力量計が収められています。
錆が目立ちますので取り替える事にしました。
14-wh.jpg
今までは従量電灯B契約でしたが
  エコキュートも同時に導入するので
     季節別時間帯別電灯契約になります。



電力量計、スッキリボックスを撤去しました。
15-wh.jpg



太陽光発電システムを設置すると
  メーターが買電用と売電用の二つとなるので
      2個用のスッキリボックスを取り付けます。
16-wh.jpg



オール電化用のメーターに取り替え、
       余剰電力量計を取り付けました。
17-wh.jpg


同時に工事中だったエコキュートです。
18-eko.jpg
460L エコキュート フルオートタイプ
Panasonic / HE-AK46EQS



完成しました
19-after_20120326230722.jpg

塗装してきれいになった屋根に
  太陽電池モジュールが壮大なスケールです。

Panasonic HIT230シリーズ

公称最大出力 : 5.75kW (230W×25枚)
方位 : 南南東(15枚)・西南西(10枚)
勾配 : 4寸
工法 : 屋根置きタイプ(架台設置型)
取り付け金具 : スレート金具
年間発電予測 : 6,107KWh/年

20-after_20120326230836.jpg

21-after_20120326230848.jpg
東京電力の連系調査後、発電開始しました。

同時にエコキュートを導入したので
オール電化となり太陽光との相性は抜群です。

昼の電気はほぼ太陽光発電で賄えるので
 考えられる最高の節電、省エネとなります。



ワイヤレスモニターでは発電量や使用量、
     余って売れた電力量を確認できます。
22-after_20120326230926.jpg
使用量より発電量の方が多い時など、
 余った電気は東電に買い取ってもらえます。

ほぼ昼間の電気は自宅の太陽光で賄えます。




こちらのお客様は今回が初めてのお取引となりました。

冒頭でもお伝えしましたが太陽光発電は一般の方には
分かりづらいことが多く、丁寧に説明しましたところ
とてもよく理解していただきました。

なぜ当社を選んでいただいたのか尋ねてみると
営業から施工まで一貫して任せられる事と
地元で評判もいいお宅なら間違いないだろう
という太鼓判を頂きました


このたびご用命頂きありがとうございました



ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-pv-5.htm





スポンサーサイト
[ 2012/03/27 17:26 ] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。