スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大家族でエコ 

さてさて、この度8人大家族のお宅から
エコキュートの取付工事をご用命頂きました。

その時の様子をご紹介します。

新築時からのガス給湯器を13年間お使いでした。
00-before-1_20090424191738.jpg
冬の間、不完全燃焼を起こす日が続いてました。

経済的かつ環境に良いエコキュートの導入には
一人一人が環境問題に前向きで、
家族みんなが前々から興味がありました



では工事スタートです。
まずは基礎工事です。

こちらの犬走りにエコキュートの
貯湯タンクを置く事にしました。
01-kiso-1_20090424191816.jpg
犬走りの上に460Lの貯湯タンクを置くと
かなり高さが出てしまうため、出来る限り
既存の犬走りの高さに合わせる事にしました



犬走りを破つる為、カッターを入れました。
01-kiso-3.jpg


破つりが終わったら、整地します。
01-kiso-4.jpg


掘削し、繰り返し転圧します。
01-kiso-5.jpg


割栗石を敷き詰め、軽めにモルタルを打設。
01-kiso-6.jpg


200kgの鉄筋入りコンクリート基礎石を設置。
01-kiso-8.jpg
独自オーダー物です


基礎板に配管用の開口をします。
貯湯タンク用のアンカーも打ちます。
01-kiso-10.jpg


貯湯タンクを搬入出来ました。
02-hannyu-1.jpg
460L用の貯湯タンクは高さがあるため、
犬走りの高さを考慮して設置する事が出来ました



脚部には3ヶ所のSUSアンカーボルト締め。
02-hannyu-2.jpg


搬入できたら配管工事です。

以前からお湯の出が悪いという事なので、
配管工事を進めながら原因を探します。
03-haikan-1.jpg
掘削してみるとお湯の配管(銅管)が
潰れて漏水してたり、捻じれてたりしたので、
この機会にすべて直します。



貯湯タンクへの配管類を繋ぎ終えました。
03-haikan-2.jpg
通水テスト完了後、保温材を掛けます。


同時に電気工事も進行中でした。

従来の電力量計(メーター)です。
幹線は3SV14で、オール電化には十分な容量です。
04-denki-1.jpg

既存のメーターを一時撤去し、
電線を通すための穴を開口します。
04-denki-2.jpg


新しいメーター取付板を設置し、
保護管に入れた電線を通します。
04-denki-3.jpg


屋外分電盤も取り付け始めます。
04-denki-4.jpg



配線し終わったら結線し、
外したメーターを一時復旧させます。
04-denki-5.jpg


オール電化用のデジタル式の
メーターを取り付けました。
04-denki-6.jpg


全ての工事が終わり試運転開始です。

旧リモコンから新リモコンへ交換します。(台所用)
05-rimokon-1.jpg 05-rimokon-2.jpg


こちらも旧リモコンから新リモコンへ。(浴室用)
05-rimokon-3.jpg 05-rimokon-4.jpg
もちろんリモコン周りはコーキングします。



完成写真です。
06-after-1.jpg
460L エコキュート フルオートタイプ
Panasonic / HE-K46BQS

隣に置いたHPユニットも犬走り上に置けました。
工事の仕上がりも含めお客様は大満足でした。

4方向の脚部化粧カバーも取り付けます。
06-after-2.jpg
配管が見えずにすっきりです。

壁面に同梱の耐震固定金具にて固定します。
06-after-3.jpg


昔、電気温水器をお使いの方は
必ずお湯切れのイメージをお持ちです。

大家族でもお湯切れの心配が無い、
しかも環境にも優しいエコキュートには
ご家族みんなが大満足でした。

自動保温機能でいつでも設定された湯温で
入浴できるのでお風呂に入る時間も気になりませんね


この度はご用命頂きありがとうございました。


ホームページ上でも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-eco-29.htm






[ 2009/04/23 19:16 ] オール電化 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。