スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

蓄暖の幹線設計 

空気を汚さないクリーンな暖房器具と言えばご存知、
電気式蓄熱暖房器。

unidare_ser_photo01.jpg
年々お問い合わせが増えています。



導入される方には色々な理由があります。

ストーブなどの灯油の給油が面倒で、
煩わしくない電気の方が安全で良いとか、

エアコンは暖房の風が当たるのが嫌だとか、

小さなお子様が喘息持ちで空気を汚さない
クリーンな暖房器具が欲しかったとか


それはそれは様々です。




導入された方のほとんどが口を揃えて言うのが

もっと早く導入すれば良かった!」

と大変満足な感想を頂いてます。




今回ご紹介するのは、築1年と真新しいお宅です。
もちろんIHとエコキュートが導入されているオール電化住宅です。

こちらのご主人も新築時に蓄熱暖房器を
知っていれば必ず導入したはずだと思います。



では工事の様子をご紹介します。


今までは18帖のLDKでエアコンをお使いでした。
本当に寒い時には石油ファンヒーターも併用していました。


こちらに7.0kWの蓄熱暖房器を設置する事にしました。
01-before_20091215172244.jpg



蓄熱暖房器は据付工事、電気工事、
床下補強の3段階の工事が必要となります



こちらのお宅は床下がほとんど無い
根太レス工法なので、建築したハウスメーカーから
500kgのグランドピアノを置いても大丈夫との
了承を得たので今回は床下補強は必要ありませんでした。


電気工事は必ず必要になります。
こちらのお宅はメーターの一次側、二次側の幹線が
ともにCVケーブルの14スケアで配線されています。

こちらが既存のメーターです。
03-denki.jpg



ちなみに単相三線式の場合、CV14スケアの
ケーブルの許容電流は91A(気温40℃時)です。


ちなみに電灯回路に使用している
漏電ブレーカは60A。
エコキュートは17A。
蓄熱暖房器は7.0kWなので35A。

60A+17A+35A=112A。

単純計算だとこうなりますがエコキュートや
蓄熱暖房器などの夜間の電力を使う器具かある場合、
電灯回路のブレーカには重乗率を加味するため、
60Aに0.7を掛けて計算する必要があります。(電灯の場合)

したがって60A×0.7=42A。

42A+17A+35A=94A。

これでもCV14スケアの許容電流91A<94AなのでNG。

したがって漏電ブレーカを50Aに変更する事にしました。

50A×0.7=35A。

35A+17A+35A=87A。

これでCV14スケアの許容電流範囲内に収まりました。
最近の築新しい家は幹線をCVケーブルで
隠蔽配線されているケースが多いです。
幹線を張り替えると工事費も高くつきますし、
隠蔽配線されてるのに張り替えると露出配線になってしまいます。

出来る限りお客様の要望に応えつつ、
工事費などのコストを抑えられるような提案を心掛けています



屋外に蓄熱暖房器用の開閉器を設けるため、
メーターを一次撤去します。
04-denki.jpg


メーターを移設し、幹線を分岐しております。
05-denki.jpg



屋外分電盤を取り付け、開閉器を取り付けます。
06-denki_20091215172940.jpg



蓄暖用の配線はビニル電線管にて宅内に取り込みます。
07-denki.jpg




続いて据付工事です。

搬入が大変です。
02-hannyu_20091215173121.jpg



本体を設置する前に電源を接続します。
07-1-denki.jpg


本体を設置します。
09-setti.jpg


設置したら同梱の転倒防止ビスで固定します。
10-setti.jpg 11-setti_20091215173505.jpg


すべてのレンガを積み終わりました。
12-setti_20091215173533.jpg



完成です。
17-after(.jpg
ユニデールVUEi70J
7.0kW ファン付マイコン内蔵タイプ


最後に動作確認の試運転をします。
18-after_20091215173918.jpg
電流値を測定し終了です。



こちらのお宅はエアコン使用時、
25℃設定で室温は22℃にしかなりませんでした。

蓄熱暖房器では温度を22℃に設定し、
26℃まで室温を上げる事が出来ました。

蓄暖で暖められるのは空気だけでなく、
家具や床なども暖められるので、
この室温が実現出来た事でしょう。



この度はご用命頂きありがとうございました。



ホームページでも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-tiku-5.htm










[ 2009/12/14 18:04 ] オール電化 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。