スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽のエネルギーを有効に。 

東日本大震災による福島第一原発事故から
日本の電力市場が大幅に見直されようとしています。

その中でも注目されているのが太陽電池を利用した太陽光発電。

二酸化炭素を発生せず安心安全で、
地球温暖化防止の観点からも注目されていて
まさに省エネ節約にもってこいのシステムです。


この度、そんな注目されている太陽光発電システムの
取付工事がありましたのでご紹介します。


PanasonicHIT230シリーズ 5.52kWシステム(24枚)


築5年程の真新しいお宅です。
00-before_20110528124658.jpg

太陽光を設置するにあたり方位、勾配ともに
        ベストな条件の立派なお宅です。

空いてる屋根に太陽光を乗せる事で
  大幅に光熱費を抑えられるどころか、
   月々の支払いの倍近い売電が見込めます。

無限にある太陽のエネルギーを電力にする事は
    次世代にとても必要な事かもしれません。




屋根工事編からスタートです。

モジュール24枚、パワコン、接続箱、
 フレーム、ケーブル、他部材が搬入されました。
01-buzai.jpg




割付の墨出しから始まり、
  加工する瓦を取り外し、地上にて作業します。
02-pvsekou.jpg




所定の場所にアンカー金具を取り付けます。

基本は野地固定ですが、必ずベース部が
    垂木上部になるように配置しております


全部で38か所取り付けました。

03-pvsekou.jpg 04-pvsekou.jpg
アンカー金具にバックアップ材を差し込み、
  シーリングを塗布し、加工した瓦を戻します。

プライマーを塗布し、キャップを取り付けます。




アンカー金具が取り付けられた箇所から
   レベルを取りながらフレームを設置します

05-pvsekou.jpg




太陽電池モジュールの取り付けです。
06-pvsekou.jpg
荷揚げ機にてどんどん荷揚げします。




逃げ場を作りながら系統ごとに
   モジュールを接続しながら取り付けます。
07-pvsekou.jpg
モジュールの設置が始まれば早いものです。




すべての太陽電池モジュールが設置できました。
08-pvsekou.jpg
化粧カバーも取り付けられました。




Panasonicロゴプレートを取り付けたら、
          屋根上での作業は完了です。
09-pvsekou.jpg




続いて電気工事編です。

既存の電力量計です。
10-pvdenki.jpg
太陽光発電システムを設置すると
  メーターが買電用と売電用の二つとなります




既存のメーターを一時撤去します。
11-pvdenki.jpg 12-pvdenki.jpg
新しいメーター板を取り付けて、
  電力会社と連系するまでの仮配線です。




売電用の電力量計を取り付けました。
13-pvdenki.jpg




既存の分電盤廻りです。
14-pvdenki.jpg
左のフリーボックス内にはエコキュートと
      蓄熱暖房機用のブレーカがあります。




オール電化+太陽光発電システム対応の
   連系ブレーカ内蔵分電盤に取り替えました。
15-pvdenki.jpg




左には電力検出ユニットを取り付けました。
16-pvdenki.jpg




負荷側(主幹ブレーカ一次側)に
       CT(変流器)を取り付けました。
17-pvdenki.jpg 18-pvdenki.jpg
太陽光連系ブレーカ側にも
       CT(変流器)を取り付けました。




分電盤のフタを閉めて完成です。
19-pvdenki.jpg




屋側用接続箱です。
21-pvdenki.jpg
モジュールは6直列4系統の24枚なので、
    4系統分の配線が集約されています。

4系統分の配線をまとめパワコンに配線されます。




接続箱までの配線は化粧カバーでまとめます。
22-pvdenki.jpg




5.5kWのパワーコンディショナーです。
20-pvdenki.jpg
直流の電気を交流に変換させ、
     分電盤にて電力会社と連系します。




ワイヤレスカラーモニターです。
23-pvmonitor.jpg
色別で発電量、消費量が一目で分かります。








完成写真です。
南側の屋根全面に壮大なスケールです。
25-after_20110528132843.jpg

24-after_20110528132835.jpg 26-after.jpg

Panasonic HIT230シリーズ

公称最大出力 : 5.52kW (230W×24枚)
方位 : 南    勾配 : 6寸
工法 : 屋根置きタイプ(架台設置型)
取り付け金具 : アンカー金具
年間発電予測 : 6,281KWh/年


電力会社との連系完了後、発電開始しました。

こちらのお宅は既にオール電化だったので
       太陽光発電との相性は抜群です。

昼の電気はほぼ太陽光発電で賄えるので
 考えられる最高の節電、省エネとなります



消費量より発電量の方が多い時など、
 余った電気は東電に買い取ってもらえます

27-after_20110528133244.jpg
ほぼ昼間の電気は自宅の太陽光で賄えます。
ワイヤレスカラーモニターでは発電量、
      消費量だけでなくエコキュートの
         使用給湯量までチェック出来ます。
28-after_20110528133554.jpg
エコキュートの給湯量がチェックできるのは
                パナソニックだけです



当初、太陽光発電を設置する事に迷っていましたが、
築浅いお宅で設置条件に恵まれてる事もあり、
ランニングコストを考えるとメリットがある事を
ご説明させて頂き、ご契約となりました。

以前エコキュートをご依頼頂いた事により
オール電化住宅となっておりました。

昼の電気代が少々割高なオール電化住宅には
太陽光発電システムは相性がピッタリ!

ほとんどの昼の電気代を賄う事が出来るので
電力会社から買う1ヶ月の電気代は微々たるものです。

節電が呼び掛けられてる今夏、太陽光発電システムは
考えられる最高の節電になる事は間違いありません



この度はご用命頂きありがとうございました

ホームページでも詳しくお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-pv-1.htm







[ 2011/05/28 14:58 ] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。