スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユニットバスでも30年経てば違いは歴然 

お日様も長くなり陽気も暖かくなってきましたね。

今年は冬の寒さが厳しかったので
本当に初夏の空気が漂うこの季節は気持ちい限りです。
皆様はいかがお過ごしですか?




この度、築28年の某ハウスメーカーにお住まいの
お客様からシャワー水栓の取り換えのご要望がありました。

お伺いしてみるとデッキ水栓と呼ばれるものでした。
取り換え自体は簡単に出来るタイプでしたが、
ユニットバス自体に取り替える為に必要な点検口が無く、
取り替える為には一度浴槽を取り外さなくではいけません。

お客様からしてみると浴槽を取り外す事は
大掛かりに感じたらしくご家族を交えて相談したところ
思い切ってユニットバス自体を取替えようと言う事になりました




それでは工事の様子をご紹介します。

既存のユニットバスです。
 築28年なのでお風呂も28年経過しています。
00-before_20120430174244.jpg
28年前では斬新だったユニットバスも
   酷い結露やカビに悩まされていました。




脱衣所から見たところです。
01-before_20120430174310.jpg
こちらのお宅は尺モジュールではなく
     メーターモジュールの住宅でした。

適合するラインナップが少ない為、
 少しでも広い浴室をとのご希望だったので
  珍しいサイズの1317を導入する事にしました




解体工事のスタートです。
02-kaitai_20120430174358.jpg
ユニットバス本体は1時間程度で解体出来ます



解体された浴室です。
03-kaitai_20120430174420.jpg



所定の場所に給排水の配管工事をします。
04-kyuhaisui_20120430174620.jpg
土間コンクリートの不陸も調整します。



新しいユニットバスの組み立て中です。
05-kumitate_20120430174645.jpg



組立が終わり枠材の取り付けと
    床壁の取り合い部の補修をします。
06-sitazi.jpg





完成です。

3つの心地よさ(浴槽、お掃除、使いやすさ)を
            兼ね備えたバスルームです。
08-after_20120430174745.jpg
Panasonic / ココチーノ L-class(1317)

浴室自体の広さは狭くなりましたが、
 新しい浴槽は今までよりも20cm広\いので
  キレイになった浴室にお客様は満足です。



パナソニック独自の1317専用浴槽です。
09-after_20120430174845.jpg
真空断熱保温浴槽は6時間経っても
          湯温の低下がたったの2℃



給湯専用のエコキュートをお使いだったので、
 浴槽にお湯を貯める自動給湯が出来ないので、
  定量止水付ミキシング混合栓を採用しました。
10-after_20120430174916.jpg



暖房機能はもちろん、パナソニック独自の
  ナノイー機能により浴室内の浮遊カビを抑制!
11-after_20120430174944.jpg



暖房換気乾燥機のリモコンです。
12-after_20120430175028.jpg
ボタンひとつで浴室を自動乾燥してくれます。



脱衣所の内装工事も終わりました。
 白い壁に黒い枠材で引き締まりました。
07-kurosu.jpg



30年前のユニットバスに比べると新しいユニットバスは
明らかに良くなっているのはお客様もご理解頂いてましたが
ここまでキレイになるとは思ってもいなかったみたいです。

長年慣れ親しんできたお風呂が取り壊される時は
非常にさみしい思いをしましたが、大変喜ばれておりました。

シャワー水栓だけの要望が結果ユニットバスの取替と言う
お客様からしてみれば大掛かりな工事になってしまいましたが、
完成後の笑顔を見ると嬉しさが滲み伝わってきており、
その満足度は言うまでもありません
…。



この度はご用命頂きありがとうございました


ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-sb-8.htm





[ 2012/04/30 18:23 ] リフォーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。