スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マルチなアンカー 

お困り事で多いのが手すりの取り付けです。

この度、お世話になっているお客様から、
30年前のユニットバスに手すりが無いから
取り付けて欲しいとのご依頼がありました。

最近のユニットバスは屋根裏を覗ける点検口があるのですが、
30年物のユニットバスには点検口がありません。

点検口さえあれば、下地を入れるのも楽で
簡単に手すりを取り付けることが可能なのですが、
今回のユニットバスには点検口がありませんので、
ちょっと変わった部材を使い手すりを取り付けます


↓この場所に手すりを取り付けます。
tesuri-1.jpg

↓まず壁に直径25㍉の穴をあけます。
(小さすぎても大きすぎてもダメ)
tesuri-2.jpg

↓この穴にアンカーをグイっと差し込みます。
tesuri-3.jpg

tesuri-4.jpg

tesuri-5.jpg


この部材はマルチアンカーと言って
壁裏でアンカーが開いてガッチリ固定するという仕組みです
簡単そうに見えますが、初めてだと結構手こずります。

↓こんな感じで完成です。
tesuri-6.jpg

この壁はFRP製ですが、普通のビスだと壁が割れるし、
固定出来たとしても手すりの役割はせず、
簡単に抜けてしまいます。

このマルチアンカーを使えば大体の場所に
手すりを取り付けることが可能です


こんなお困り事の解消は本来 電気屋さんの
お仕事ではないですが、お世話になってるお客様が
困っていればそれを解消するのが電気屋さんのツトメですね。





[ 2008/09/24 16:52 ] お困り事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。