スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニーズにあったトイレは人それぞれ… 

お客様からしてみれば電気屋さんに
トイレの工事を依頼する事は
当たり前の時代に突入しました…。

いまや月10件はご依頼されるのが普通になりましたが、
一昔前ではありえない話でした。

近所に激安店があるにもかかわらず
信頼と言う一つの繋がりを信じて
お客様は当店ご依頼下さいます。

本当に有り難い限りです。



この度そんなトイレの工事がありましたので紹介します。




今までお使いだったトイレです。
00-before_20120130222637.jpg
15年ほどのトイレですがお客様のスッキリとした
トイレにしたいと要望でタンクレストイレを
導入する事になりました。




便器、タンクを撤去しました。
01-tekkyo_20120130222752.jpg
築15年ほどなので、汚れも少なく
   床材はそのまま使用する事になりました。




タンクレストイレは手洗いがありませんので
           新規で手洗い器を設置します。
03-setti.jpg



手洗い器の給水排水管はカウンター下を通します。
02-setti.jpg



便器を取り付けました。
04-after_20120130222919.jpg





完成です。
タンクレスですっきりです。
05-after_20120130223108.jpg
Panasonic 全自動お掃除トイレ『アラウーノS』
業界最小水量で大幅な節水が期待できます。

年間13,200円程の節水が見込めます。

とにかく汚れがよく落ち大好評です



アラウーノSは最近のタンクレストイレに
装備されている自動便座開閉機能がありません。

こちらのお客様は便利な世の中になったせいで
昔から当たり前にしてきた事を出来なくなる
寂しさも感じていたそうです。

年老いた時にトイレの便蓋も開けられないように
なりたくはないと仰り、そんな考えを尊重し、
高機能タイプのトイレをおススメする事も考えましたが、
あえてアラウーノSをご提案させて頂きました。

お客様のニーズに合った環境と暮らしやすさをご提案する事は
昔からのハギヤ電器の経営理念でもありますので
今回もお客様のご要望に応える事が出来ました。

スッキリしたトイレはお客様に大変ご満足頂きました。



この度はご用命頂きありがとうございました


ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-wc-16.htm





[ 2012/01/30 22:51 ] リフォーム | TB(0) | CM(0)

入母屋の屋根に20枚の太陽光発電 

このたび20枚の太陽電池モジュールを取り付ける
4.60kWの太陽光発電システム工事がありましたのでご紹介します。


築20年の立派な入母屋2階建のお宅です。
00-before_20111228174919.jpg
太陽光発電には以前から興味があり
 HIT230シリーズの発電量・効率が良い事から
   20枚の太陽電池を導入する事になりました。

太陽光に最適な南向き5寸勾配の屋根
        十分な発電量が見込めそうでした。




それでは工事の状況を詳しくご案内します。

まずは屋根工事です。

加工する瓦を取り外します。
01-yane.jpg
加工する瓦は40枚にもなるので
  外した瓦の置き場所や安全性を考慮し、
               地上にて作業します。


地上にて瓦を開口しました。
02-yane_20111228175919.jpg



防水シートを貼りつけた補強板を設置します。
03-yane_20111228180103.jpg
補強板はメーカー指定部材である
  ステンレスビスで垂木にしっかり固定します



補強板にアンカー金具を取り付けます。
04-yane_20111228180126.jpg
基本は補強板に固定しますが、
  ベース部が垂木に掛かるように配置します

全部で40か所取り付けました。



メーカー標準工事ではありませんが
     アンカー左右、上部、ビスの頭は
        防水の為シーリングを塗布します

05-yane_20111228180144.jpg



アンカー金具にバックアップ材を差し込み、
     加工した瓦を戻しシーリングを塗布し、
              キャップを取り付けます。
06-yane_20111228180203.jpg



アンカー金具が取り付けられた箇所から
   レベルを取りながらフレームを設置します。
07-yane_20111228180239.jpg




すべてのフレームが取り付けられました。
08-yane_20111228180256.jpg




続きまして太陽電池モジュールを
       荷揚機にて屋根上まで運びます。
09-yane_20111228180314.jpg



太陽電池モジュールを取り付けはじめます。
  モジュールは設置が始まれば早いものです。
10-yane_20111228180524.jpg



20枚すべてモジュールが取り付けられました。
11-yane_20111228180546.jpg
2階、南面20枚です。




化粧カバーも取り付けられました。
12-yane.jpg
Panasonicロゴプレートを取り付けたら、
          屋根上での作業は完了です。



同時に電気工事も進めます。

屋側用接続箱を取り付けます。
13-denki_20111228180849.jpg
太陽電池モジュールからの配線は
       まずはこの接続箱に集約されます

モジュールは5直列4系統の20枚です。
  各系統ごとに電圧を確認しながら結線します。




オール電化+太陽光発電システム対応の
   連系ブレーカ内蔵分電盤に取り替えました

14-denki_20111228180919.jpg
分電盤の隣には電力検出ユニットも取り付けます。




5.5kWのパワコンを取り付け完成です。
15-denki_20111228181217.jpg




既存の電力量計です。
16-denki_20111228181231.jpg
今までは従量電灯B契約でしたが
  エコキュートも同時に導入するので
     季節別時間帯別電灯契約になります




新しい電力量計を取り付け配線を盛り替えます。
17-denki_20111228181252.jpg



オール電化用のメーターに取り替え、
       余剰電力量計を取り付けました

18-denki_20111228181312.jpg
太陽光発電システムを設置すると
  メーターが買電用と売電用の二つとなります。
この後カバーを取り付け完成です



同時に着工中のエコキュートです。
19-denki_20111228181333.jpg
460L エコキュート フルオートタイプ
Panasonic / HE-AK46EQS



東京電力の連系調査を受け
     太陽光発電システムが始動します

20-denki_20111228181400.jpg






完成です。
南面の入母屋屋根に壮大なスケールです。
21-after_20111228181421.jpg

22-after_20111228181509.jpg

23-after_20111228181554.jpg

Panasonic HIT230シリーズ

公称最大出力 : 4.60kW (230W×20枚)
方位 : 南
勾配 : 5寸
工法 : 屋根置きタイプ(架台設置型)
取り付け金具 : アンカー金具
年間発電予測 : 5,123KWh/年


東京電力の連系調査後、発電開始しました。

同時にエコキュートを導入したので
オール電化となり太陽光との相性は抜群です。

昼の電気はほぼ太陽光発電で賄えるので
 考えられる最高の節電、省エネとなります。


ワイヤレスモニターでは発電量や使用量、
     余って売れた電力量を確認できます。
24-after_20111228181619.jpg

使用量より発電量の方が多い時など、
 余った電気は東電に買い取ってもらえます。

ほぼ昼間の電気は自宅の太陽光で賄えます。



こちらのお宅のご子息は太陽光発電の仕組みや
余剰電力量購入制度やこれからの太陽光発電市場を
とても詳しく知っておりご理解されておりました。

親御さんは太陽光発電システムを導入前、
決して理解度が高いと言うわけではありませんでしたが、
導入後の理解度が素晴らしく高まっておりました。

ワイヤレスモニターでは使用量や発電量が
詳細に確認できますがランプの点滅の色ででも
どういう状態かをも手軽に確認できます。

オール電化は昼の電気代が割高な為、
太陽光発電と非常に相性が良く、
日中の電気は太陽光発電で賄えます。

そんな分かっていそうで分からなかった事を
ご理解され電気の使用時間を工夫するようになりました。

使い方次第では主婦目線からでも最高の省エネを
実現できるのが太陽光発電システムですね



この度はご用命頂きありがとうございます

ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-pv-4.htm





[ 2011/12/28 18:54 ] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)

蓄暖の暖かさはお日様のよう… 

例年に比べ暖かな日が続いておりましたが、
ここにきて西高東低の冬型の寒さが押し寄せてきてますね。

この度、そんな寒さ解消には最高であろう
蓄熱暖房器の取付工事がありましたのでご紹介します。


築2年ほどの真新しいオール電化住宅。
00-before_20111121204959.jpg
冬の厳しい寒さに大変お困りの様子で
  蓄熱暖房器に大変ご興味頂いておりました。

配線の太さの許容範囲内である
       7.0kWタイプを設置する事にしました。



床下補強工事は剛床工法で既に補強済みだったので
今回は必要ありませんでした。



電気工事から取り掛かります。
01-denki_20111121205005.jpg
エコキュートの開閉器が契約ブレーカの
 二次側にありましたので契約容量見直しの為、
        一次側分岐に変更する事にします



幹線を盛り替えエコキュートと蓄熱暖房器の
              開閉器を一次側にしました。
02-denki_20111121205012.jpg


分電盤のカバーを取り付けます。
03-denki_20111121205021.jpg


フタを閉めてすっきり収まりました。
04-denki_20111121205028.jpg


分電盤から天井裏→壁内を通し、
  蓄暖用の200vと制御用の100vとアース線
          設置場所まで配線し接続しました。
05-denki_20111121205049.jpg


本体を仮置きし200Vの電源を結線します。
06-denki_20111121205055.jpg


本体を設置してから、
 ひたすら蓄熱材であるレンガを積み込みます。
07-seko_20111121205111.jpg


レンガすべてを積み込みました。
08-seko_20111121205116.jpg


前面パネルを取り付け完成間近です。
09-after_20111121205129.jpg


本体の上に物を置けないので
    インテリアカウンターを設置しました。
10-after_20111121205434.jpg




完成です。
11-after_20111121205440.jpg
ユニデール / VUEi70J
    7.0kW ファン付マイコン内蔵タイプ


スッキリと設置する事が出来ました。



最近の蓄熱暖房器のお問い合わせはご新規の方が多いです。

オール電化の暖房は何がイイのかお客様自身インターネットや
人づてに調べていきつく先は蓄熱暖房器になるみたいです。

導入された方の100%近くが満足されている蓄熱暖房器。
24時間お日様のような暖かさで深夜電力を上手に使え
家計にも優しいクリーンな暖房器具の代名詞。

導入した方には大変ご満足頂いているおススメの暖房器具です



この度はご用命頂きありがとうございます



ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-tiku-11.htm






[ 2011/11/21 21:18 ] オール電化 | TB(0) | CM(0)

30枚の太陽電池でeco生活 

この度230Wの太陽電池モジュール30枚を
取り付ける工事がありましたのでご紹介します。


数年前にも一度考えた太陽光発電システム。

当時は普及率は微々たるもので大きなメリットが
感じ取れなかった為、見送っていました…。

築12年の寄棟2階建のお宅です。
00-before_20111019135841.jpg

以前から太陽光には興味があり、
 市場の流れと売電価格下落を予想し、
  太陽光発電を導入する事になりました。

最大に設置出来る枚数は46枚でしたが、
 現実的な30枚を3面に設置する事になりました。





モジュール30枚、パワコン、接続箱、
 フレーム、ケーブル、他部材が搬入されました。
01-buzai_20111019135858.jpg



屋根工事編がスタートです。



割付の墨出しから始まります。
02-yane_20111019135919.jpg




加工する瓦を取り外します。
03-yane_20111019135943.jpg
加工する瓦は54枚にもなるので
  外した瓦の置き場所や安全性を考慮し、
        地上作業を心掛けています。




所定の場所にアンカー金具を取り付けます。
04-yane_20111019140007.jpg
基本は野地板固定ですが、必ずベース部が
    垂木上部になるように配置しております。




全部で54か所取り付けました。
05-yane_20111019140025.jpg
アンカー金具にバックアップ材を差し込み、
             シーリングを塗布します。




加工した瓦にプライマーを塗布し戻します。
06-yane_20111019140155.jpg
シーリングを塗布し、キャップを取り付けます。





アンカー金具が取り付けられた箇所から
   レベルを取りながらフレームを設置します。
07-yane_20111019140223.jpg





太陽電池モジュールを取り付けます。
モジュールは設置が始まれば早いものです。
08-yane_20111019140255.jpg
2階、南東面10枚です。




09-yane.jpg
2階、南西面6枚です。




10-yane.jpg
1階、南西面14枚です。

合計30枚のモジュールが設置できました




化粧カバーも取り付けられました。
11-yane.jpg
Panasonicロゴプレートを取り付けたら、
          屋根上での作業は完了です。




Panasonicロゴプレートは1階にも取り付けます。
11-yane-2JPG.jpg




電気工事も同時進行です。

屋側用接続箱を取り付けます。
12-denki_20111019140955.jpg
太陽電池モジュールからの配線は
       まずはこの接続箱に集約されます。




モジュールは5直列6系統の30枚なので、
             接続箱は2台になります。
13-denki_20111019141039.jpg
各系統ごとに電圧を確認しながら結線します。




接続箱廻りはフタを閉めて完成です。
14-denki_20111019141107.jpg
こちらの家は隠蔽配線が厳しかったので
 極力見た目を重視した露出配管となりました。




既存の分電盤です。
15-denki_20111019141126.jpg




4.0kWのパワコン2台を取り付け、
  天井を開口し、接続箱からの配線を通します。
16-denki_20111019141145.jpg
6.90kWシステムはパワコンは2台です




オール電化+太陽光発電システム対応の
   連系ブレーカ内蔵分電盤
に取り替えました。
17-denki_20111019141215.jpg




分電盤、4.0kWパワーコンディショナー2台、
    電力検出ユニット
を取り付け完成です。
18-denki_20111019141229.jpg
天井の開口部には換気扇を取り付けました。




既存の電力量計です。
19-denki_20111019141247.jpg
以前施工させて頂いた蓄熱暖房器用の
        開閉器がある防水箱がありました。




深夜の使用している電力も計測するため、
 屋外で分岐してある配線も分電盤まで戻します。
20-denki_20111019141309.jpg
新しい電力量計を取り付け配線を盛り替えます。




余剰電力量計を取り付けました。
21-denki_20111019141332.jpg
太陽光発電システムを設置すると
  メーターが買電用と売電用の二つとなります。




ワイヤレスカラーモニターです。
22-denki_20111019141347.jpg
色別で発電量、消費量が一目で分かります。






完成写真です。
23-after_20111019141407.jpg

24-after_20111019141458.jpg 25-after_20111019141511.jpg
南側の屋根3面に壮大なスケールです。

Panasonic HIT230シリーズ

公称最大出力 : 6.90kW (230W×30枚)
方位 : 2F南東、2F南西、1F南西
勾配 : 5寸
工法 : 屋根置きタイプ(架台設置型)
取り付け金具 : アンカー金具
年間発電予測 : 7,334KWh/年


電力会社との連系完了後、発電開始しました。

こちらのお宅は既にオール電化だったので
       太陽光発電との相性は抜群です。

昼の電気はほぼ太陽光発電で賄えるので
 考えられる最高の節電、省エネとなります。


パワコン側面には系統ごとの
       割付図を分かるようにしました。
26-after_20111019141549.jpg label01.jpg

こちらも同様です。
27-after_20111019141634.jpg label02.jpg

消費量より発電量の方が多い時など、
 余った電気は東電に買い取ってもらえます。
28-after_20111019141710.jpg
ほぼ昼間の電気は自宅の太陽光で賄えます。



こちらのお客様は3世代同居の6人家族です。
ひと月の電気代の平均は25,000円ほどでした。

家族が多い=部屋数が多いと
使ってない無駄な電気も多く考えられます。

いかに太陽光発電で昼間の電気を賄えるかを
ご理解いただけ導入と言う形になりました。

太陽光発電は余剰電力がどれだけ売れるかに
着目している方も多いですが、
その本質はいかに自宅の電気を自宅の太陽光発電で
賄えられるか…だと思います。

モニターでいかに無駄な電気を使っていたかも
一目で分かるようになったし、
原発の影響で一人一人が出来る事を
再確認できたと喜んでおられました。

今後は地球にも、家計にも優しい
エコな生活が送れること間違いないですね


この度はご用命頂きありがとうございました


ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-pv-3.htm





[ 2011/10/19 14:57 ] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)

サニタリールームは快適に。 

この度、トイレと洗面化粧台のある
サニタリールームを機器の取替のみで
快適にする工事がありましたのでご紹介します、


お使いだった14年前の一般的なトイレです。
00-before_20110927202623.jpg
温水洗浄便座から漏水していたので
最新式のエコなトイレに取り替える事にしました。


この際にトイレ内にある洗面化粧台も
  使いにくい事から新しくする事にしました。
01-before_20110927213439.jpg






完成写真です。
02-after_20110927213511.jpg
違和感なくすっきりです。

Panasonic 全自動お掃除トイレ『アラウーノ』

取り替えだけだったので
    1時間ほどで工事完了しました。





アラウーノの『激落ちバブル』の泡です。
04-after_20110927213612.jpg
もちろん独自の洗浄方式で
         大幅な節水が期待できます。

年間12,700円程の節水が見込めます


洗面化粧台はPanasonic製のC-Line
 アラウーノと同色タイプをお選び頂きました。
03-after_20110927213533.jpg
ダークな色調が快適なサニタリールームを際立てます。



機器の取り替えだけだったので
午前中のわずかな時間で完了しました。

毎日使うトイレと洗面化粧台は最新式の
ものに取り替えるだけで快適に激変します。

最新の機器は省エネ性能はもちろん、
お手入れの利便性が格段にアップしています



この度はご用命頂きありがとうございます



ホームページでもお伝えしております。
http://hagiyadenki.jp/4-wc-15.htm





[ 2011/09/27 21:59 ] リフォーム | TB(0) | CM(0)
Counter
Recent TrackBack
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。